tokowakaya,常若屋,伊勢木綿,伊勢型紙,注染,本染,
常若屋
おかげ手ぬぐい七五三飾り栗皮茶<伊勢木綿×伊勢型紙×注染め>
常若屋 おかげ手ぬぐい
 型番 JAN 4580448770025
常若屋 おかげ手ぬぐい
 販売価格

1,620円(税120円)

常若屋 おかげ手ぬぐい
 購入数
常若屋 おかげ手ぬぐい

おかげ手ぬぐい七五三飾り栗皮茶<伊勢木綿×伊勢型紙×注染め>

おかげ手ぬぐい : 七五三飾り〈栗皮茶〉/ Shimekazari (Chestnut)


素材:伊勢木綿
染め:本染め(注染め)
サイズ:長さ89.5cm*巾35cm


◇染め色 栗皮茶◇
つややかな栗の実にみられるような黒みがかった赤褐色で別名 《栗色、栗皮色》。
平安時代には『源氏物語』に「落栗とかや、昔の人のめでたしける袷(あわせ)の袴(はかま)一具」とあるが、この「落栗」はこの栗皮茶と同色と言われる。江戸時代になり栗皮茶という呼び名になった。
茶は木の幹や大地のような自然を感じさせ、気分を落ち着かせる。染色法は諸説あるが「栗皮染」という栗の樹皮と灰汁で茶に染める方法もある。


七五三飾り

◇七五三飾り◇
 

伊勢路の家々では、1年を通して玄関口に七五三飾り(しめかざり)を付け家内安全、商売繁盛の守護札として、また縁起物として飾られます。
  悠久の昔、長い旅路で疲れ果て、伊勢へたどり着いた「すさのおの尊」を温かくもてなした「蘇民将来」。尊は「後の世に疫病あらば、汝、蘇民将来の子孫と云いて、茅の輪を以ちて腰に付けたる人は免れなむ」と、この男に子孫末代まで幸福を与えます。  そんな伝説がある「蘇民将来子孫家門」の七五三飾り、今も伊勢路の家々では、一年を通して玄関口に悪疫退散、厄除開運、商売繁盛、家内安全の守護札として、また縁起物として飾られ、「蘇民の杜」、「晴明の森」と呼ばれる二見町の松下社では、「すさのおの尊」、「蘇民将来」を奉り、年末になると七五三飾りが頒布されています。



◇生地は超長繊維綿を用いています。
“単糸”
 ハイグレードな綿の超長綿を用い、江戸時代から250年以上続く伝統の織布「伊勢木綿」。最上質の綿を一本に撚り、糊で固め慎重に織り上げられる。そのため通気性、調湿性を兼ね備え、シワになりにくくなめらかな肌触り。洗ううちに糊が落ち、使うほどふんわり風合いが増していきます。





◇伝統職人のこだわりと機能美を合わせもつ極上の手ぬぐいをあなたの日常に。
“伊勢海老” 伝統の織布「伊勢木綿」に千有余年の歴史を誇る伝統工芸「伊勢型紙」を用い、日本独自の染色技法「注染め」にて職人の手で丁寧に染められた常若屋のおかげ手ぬぐいは、「伊勢」という土地柄・風習に根づいたデザインをコンセプトに作り上げております。日常のお傍に置いていただければ、いつでも伊勢の空気を感じることができます。楽しい思い出も、期待でいっぱいの熱い気持ちも、全てこの一枚に詰めこんで。


お伊勢さんとのご縁をいつもお傍に

“ランチョンマット”


Back to Top

伊勢木綿 常若屋
お支払い方法について
商品のお届けについて
特定商取引に関する表記
プライバシーポリシー
メールマガジン購読・解除
お問い合わせ
常若屋