tokowakaya,常若屋,伊勢木綿,伊勢型紙,注染,本染,
常若屋
イセノモンハンカチーフ 二ツ池の龍
常若屋 おかげ手ぬぐい
 型番 JAN 4580448760095
常若屋 おかげ手ぬぐい
 定価 820円(税61円)
常若屋 おかげ手ぬぐい
 販売価格

820円(税61円)

常若屋 おかげ手ぬぐい
 購入数
常若屋 おかげ手ぬぐい
瓶覗×群青色一片染×藤色
821円(税61円)
在庫なし

イセノモンハンカチーフ 二ツ池の龍

イセノモン ハンカチーフ:二ツ池の龍


素材:伊勢木綿
染め:伊勢型紙使用 注染め(本染め)
サイズ:長さ35cm*巾35cm


◇二ツ池の龍◇
伊勢市にある日本最古の厄除観音「松尾観音寺」に伝わる龍神伝説があります。 今から約600年前の応永10年5月4日、本堂が大火事に見舞われた際に、 松尾観音の裏に存在する二ツ池から、それぞれ雄雌の龍神が現れ、観音様をお守りになったと言われています。 このことから、毎月末には僧侶が龍神の好物という酒と卵を供え、 厄除けの寺院として伊勢市及びその周辺地域の住民に親しまれています。 松尾観音寺は特定の宗派に属さず、本山も末寺も檀家も持たない単立の祈願寺で約1300年前の奈良時代始め、当時の高僧「行基」(ぎょうき)が伊勢神宮参拝の折、東の池には雄龍、西の池には雌龍がそれぞれ住むと伝わる池が有ることを知り、自ら観音様を刻み、その池のほとりに寺を創建しました。霊験あらたかなご本尊『十一面観世音菩薩』と脇仕の『地蔵菩薩』『毘沙門天』と、龍神伝説に因み「災難除け」「縁結び」などにたいへんご利益があるとされ、たくさんの参拝者が訪れます。
“瓶覗×群青色”
瓶覗×群青色

“一片染×藤色”
一片染×藤色

Good luck charm Matsuo Kannonji Temple: one of the oldest legend of Dragons in existence.



◇生地は超長繊維綿を用いています。
“単糸”
 ハイグレードな綿の超長綿を用い、江戸時代から250年以上続く伝統の織布「伊勢木綿」。最上質の綿を一本に撚り、糊で固め慎重に織り上げられる。そのため通気性、調湿性を兼ね備え、シワになりにくくなめらかな肌触り。洗ううちに糊が落ち、使うほどふんわり風合いが増していきます。





◇伝統職人のこだわりと機能美を合わせもつ極上の手ぬぐいをあなたの日常に。
“白千鳥” 伝統の織布「伊勢木綿」に千有余年の歴史を誇る伝統工芸「伊勢型紙」を用い、日本独自の染色技法「注染め」にて職人の手で丁寧に染められた常若屋のおかげ手ぬぐいは、「伊勢」という土地柄・風習に根づいたデザインをコンセプトに作り上げております。日常のお傍に置いていただければ、いつでも伊勢の空気を感じることができます。楽しい思い出も、期待でいっぱいの熱い気持ちも、全てこの一枚に詰めこんで。

お伊勢さんとのご縁をいつもお傍に


“ランチョンマット”


Back to Top

伊勢木綿 常若屋
お支払い方法について
商品のお届けについて
特定商取引に関する表記
プライバシーポリシー
メールマガジン購読・解除
お問い合わせ
常若屋